1. コインバンクHome
  2. 新着ニュース一覧

新着ニュース一覧

2021-09-16 • 木曜日
13:10

Dream Kingdom NFTゲームが第三者割当増資を実施、メタバースゲームブームを巻き起こす

夢王国公式コミュニティとTwitterからの最新情報:夢王国トークンDKの第一弾(9月15日16時28分に開始)は、1時間で完売し、無事終了しました。 本日(9月16日)午後4時28分より、DKトークンの第2弾が登場します! Dream Kingdomは、Firecoin Smart Chain(HECO)プラットフォームをベースにした、西洋をテーマにしたオンチェーンNFTゲームで、メタバースNFTとDreamworldの技術を完璧に組み合わせたものです。DKを通じて、夢王国のメタバース世界のバランスを取りたいと考えています。

2021-07-31 • 土曜日
13:24

メタ世界初のNFTゲーム「KID DOGE」の先行販売を間もなく開始します。

公式ニュースによると、メタ世界初の自動宣言機能付きNFTゲーム「KID DOGE」が、8月7日17:00(UTC)にCoin Smartchainのメインサイトで先行販売を開始します。 その際、ユーザーはPanckeswapで購入するか、公式サイトに入って先行販売に参加することができます。 公式サイト:https://kid.finance/

今回、YuanjieはNFTゲーム「KID DOGE」のゲームプレイと経済モデルを革新したと理解されている。 ゲームプレイに関しては、ユーザーはクレームに参加する必要がなく、トークンは60分ごとに自動的にウォレットに送られるため、ユーザーに便利なゲーム体験を提供することができる。 経済モデルとしては、各ユーザーの取引の5%が「Pancakeswap」の流動性安定化価格フロアとして使用され、各取引の3%が生態系の持続可能性を促進するために破壊されます。 また、ユーザーの売買取引の際には、4%のBNB手数料がすべてのトークン保有者に再分配されます。

KID DOGE』は、NFTタイプのゲームとしては初めて自動宣言機能を備えた拡張ゲームプレイとなっており、ユーザーのゲーム体験を総合的に高めるだけでなく、ゲームの楽しさも増しています。 今後も続々と公式アクティビティやゲームプレイがアンロックされていきますので、ご期待ください。

2021-07-30 • 金曜日
15:03

袁術初のNFTゲーム「KID DOGE」の先行販売がまもなく開始されます。

今回、YuanjieはNFTゲーム「KID DOGE」のゲームプレイと経済モデルを革新したと理解されています。 ゲームプレイに関しては、ユーザーはクレームに参加する必要がなく、60分ごとにトークンが自動的にウォレットに送られ、ユーザーに便利なゲーム体験を提供しています。 経済モデルとしては、各ユーザーの取引の5%が「Pancakeswap」の流動性安定化価格フロアとして使用され、各取引の3%が生態系の持続可能性を促進するために破壊されます。 また、ユーザーの売買取引の際には、4%のBNB手数料がすべてのトークン保有者に再分配されます。

2021-07-25 • 日曜日
01:09

BTFinanceの多様なエコシステムがまもなく開始されます

BTファイナンスの公式紹介によると、そのエコロジーセクターのDEXと多様なNFTが8月下旬から9月にかけて次々と発売されます。 多様なエコロジーアプリケーションを実現するために、DEXおよびNFTカードゲームはBinanceエコロジカルチェーンにリストされます。 同時に、グローバルアーティスト協会によるNFT作品の最初のバッチがTRONに表示されます。

NFT作品の最初のバッチは、BEE支払いのみを受け入れると報告されており、特定のオークションゲームプレイが正式に発表されます。

2021-07-05 • 月曜日
15:24

スーパーソルジャーマインオーナー(BOSS)市場の高級車報酬プログラムが世界中で開始

スーパーソルジャー運営チームからの最新ニュース:スーパーソルジャーマーケットの高級車報酬プログラムが世界的にリリースされ、全国の6つの主要な地域市場、12のオフライン鉱山スタジオと海外スタジオが同時にオンラインになっています。 報酬プログラムは3つのレベルに分けられます:BMW 5シリーズ(300,000-500,000);メルセデスベンツメイマッハSクラス(140-160万)、メルセデスベンツグランドG(220-260万);の第1フェーズと第2フェーズメルセデスベンツの高級車報酬プランが無事に開始されました。 スーパーウォリアーの当初の共有マイニング投資計画。すべての投資利益は、スーパーウォリアーのマイニング収益の正の比率から得られます。最近、投資保証契約も開始しました。市場は急上昇しており、コミュニティのトレーニングと任命は圧倒的です。 私たちは、疑似金融を覆し、鉱業を変え、双方にメリットのある未来を実現することを目指しています!

2021-04-19 • 月曜日
21:11

【ポルカエコロジー初の軽量パラレルチェーン「タレス」が正式にマイニングを開始】

ポカエコシステムの最初の軽量パラレルチェーンであるタレスは、2021年4月21日の日本時間午前8時に正式にマイニングを開始し、マイニングによってタレスのパブリックチェーンの最初のジェネシスブロックと、最初に50個の完全に流通したタレスのエコパスであるIPSTを生成します。タレスのストレージネットワークレイヤーであるIPS(IPS-Thales)マイニングは、先駆的なものです。 IPS(IPS-Thales)のマイニングは、複数のマシンを採掘する1+6マイニングの仕組みで、IPS(IPS-Thales)のエコシステムの下で主流となっているストレージコインFIL+IPSTと上位5つのエコアプリケーショントークン(POC, TMT, NWT, POT, AOE)を同時に採掘します。

IPS(IPS-Thales)マルチマイニングマシンは、現在、DOT(PoC)の「スロット」オークションに参加し、IPS(IPS-Thales)プロジェクトに投票したコアコミュニティのみが加入できるようになっており、スマートコントラクト技術により、最初の300万のDOT(PoC)ポジションが自動的にロックされ、IPS(IPS-Thales)プロジェクトに投票することができます。 IPS-Thales)プロジェクトの投票アドレスが早期にエアドロップ1:100x IPSTトークンのインセンティブと他のトップ5エコロジカルトークンを確保するために、コアサポートコミュニティが事前に1:100xエアドロップインセンティブをロックし、マイニングによって完全に循環したIPSTトークンを取得します。

 

2021-04-08 • 木曜日
12:43

メルカリが暗号資産市場へ参入、「メルコイン」設立

株式会社メルカリが、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的に、子会社として2021年4月下旬に株式会社メルコインを設立することを発表した。猫も杓子も暗号資産という状況ですが、フリマアプリを展開するメルカリが新たに暗号資産市場へ参入を発表しました。

 

フリマ自体がピアツーピア(個人間取引)であるため、親和性が高いと考えられます。

フリマは常に偽物リスクが伴いますが、今回ブロックチェーンビジネスを展開することで、真贋証明を取り入れることも可能になります。

反対に、過度に真贋証明が充実してしまう場合、既存ビジネスのメルカリで証明がない商品が購入されないというジレンマが生じる可能性もあります。

現在、ブランド品にはブロックチェーンの真贋証明が採用されつつありますが、高額ではない一般商品では真贋証明の採用はまだまだ先の話になりそうです。

今後、ブロックチェーンを過度に信用する顧客ばかりになれば、ブロックチェーン上に証明書のない商品は怖くて購入ができないという可能性も出てきます。

メルカリとしては競合他社に市場を一新される前に自社で自ら挑戦することを選んだと言えるでしょう。

この結果がどちらに転ぶのかはとても楽しみです。

12:43

ブロックチェーン上で結婚を記録し指輪をNTF化した夫婦が話題に

ブロックチェーンに結婚の履歴を残し、結婚指輪をNFTとしてデジタルで作成したカップルが話題です。

 

ブロックチェーンの初期の活用例としては面白い試みです。

今後、役所のデータがブロックチェーンベースになれば婚姻届がブロックチェーン上に刻まれるのも当然の行動となるでしょう。

マイナンバーなどの国民IDの話題には監視社会という反発がつきものですが、最近ではトレースできない問題の方が大きくなってきております。

なりすましや詐称の多くはブロックチェーンや国民IDで管理ができるようになればほとんどなくなります。

オレオレ詐欺のようななりすましが、どれだけ手口が巧妙になったとしても履歴をブロックチェーンでトレースできれば騙されることはなくなります。

問題は、ブロックチェーンで確認ができないものは全て疑われてしまう社会になることです。

何か便利なものが誕生すると、それ以外は不便というレッテルを貼られます。

紙のお金が信用されないように、デジタルで証明されることが当然の社会になった場合、ブロックチェーンを活用するコミュニティとそれ以外のコミュニティでは相容れないグループになることでしょう。

12:42

ビットコインマイニングの採掘難易度が過去最高値を更新

ビットコイン価格が異常な高騰を見せても、マイニングの採掘難易度であるハッシュレート値は高騰をしておりませんでした。

 

その理由は、マイニングマシンの供給不足です。

いよいよ最新のマイニングマシンが市場に出回るようになりハッシュレート値の上昇がみられるようになりました。

ビットコインの半減期から1年近く経ち、最新マシンへのプレイヤーチェンジが起きるタイミングでマイニング事業者の撤退も見られることでしょう。

長期的にはビットコインの価格が現在の水準を維持している限りは2024年に迎える半減期を超えてもマイニング事業は成り立つ想定ですが、ハッシュレート値が高止まりをし、ビットコインの価格が落ちた状態で2024年の半減期を迎えてしまうとビットコインのマイニングがストップするビットコインにとっての大きなネガティブな要素となってしまいます。

ハッシュレート値が高いということはセキュリティが高いと言い換えられますが、高ければ高いほど良いというものではありませんので、今後は、バランスを見極める必要があります。

12:42

リップル(XRP)が100円台を記録、2日間で55%上昇

リップルの価格が2018年3月以来の100円超えを記録し話題となりました。

 

気になるのはなぜ価格が高騰したのか?この高値は続くのか?という点です。

まず価格高騰の要因ですが、リップル社が発表している強気の取り組みが評価されております。

国際決済企業の株式の取得と提携企業が南アフリカの政府主導フィンテックプロジェクトに参画したという話題です。

それぞれは良いニュースではありますが、ここまでXRPの価格を押し上げるほどの規模かというとそうではありません。

今回はニュース以上にトレーダーが価格を上げるためにチャートを形成したという方がしっくりときます。

ちょうど抵抗ラインに差し掛かっているタイミングでブレイクアウトしております。

リップル社はこのようなチャートメイクをしませんので、外部のトレーダーが行った可能性が高いです。

その場合、一時的なのかこの価格で定着するのかはまだ判断がつきません。

価格が上昇してから着目される傾向があるのが暗号資産の市場です。

XRPの価格は年内100円超えを目指しており、今回は想定外のスピードで価格が上昇したと言えます。

2021年6月まで今の価格水準が維持できていれば年末のXRP価格予想は大きく上方修正をすることになるでしょう。

12:41

グレースケール、ビットコイン投資信託をビットコインETFへ転換

米大手ファンド会社グレースケール社が、これまで提供していたビットコイン投資信託をビットコインETFに転換する方針を発表した。


米グレースケール
ビットコイン投信GBTCを上場信託(ETF)に変換する方針を表明

COIN POST


グレースケール、ビットコイン投資信託をビットコインETFへ転換
伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

暗号資産市場に強い影響を及ぼすファンド会社グレースケール社がこれまで提供していたビットコイン投資信託をビットコインETFに転換する方針を発表しました。

 

ETFの方が投資家が参加しやすくなるため市場拡大を図った戦略と見て取れます。

投資家が増加することは直接ビットコイン価格にプラスに働きます。

また、ビットコインETFはかねてから投資家が心待ちにしていた金融商品であり、SECに承認されることになればビットコインの価格はさらに大きく高騰する見込みです。

反対に、グレースケールはあまりにも相場に影響を及ぼし過ぎているため、SECはビットコインの価格の乱高下を招くという観点からネガティブになり申請が通らない可能性もあります。

数年間どのファンド会社も実現できなかったビットコインETFですが、2021年は複数の企業が申請を出しており、今まで以上に承認される期待が大きいです。

ビットコインが天井であると表現をする方も多いですが、実際にはまだまだ価格上昇を見込めるカードが存在します。

グレースケール、ビットコイン投資信託をビットコインETFへ転換
2021-04-01 • 木曜日
15:24

ビットコインは6万ドルを突破しました、暗号化された貨幣取引所の順位は変動を迎えました、星雲MSVGがトップ3を突破しました

13日のビットコイン価格が6万ドルの大台を突破した後、記録が急速に更新されました。15日の時点で、ビットコインの価格は61000ドルを超えました。総相場は11343億ドルに達して、世界の市場価値の第6位にランクされました。

満星雲MSVGプロジェクトの責任者は記者に対し、暗号化された貨幣派生品の金融属性の拡大と多くの機関と投資家の需要の増加に伴い、伝統的な金融市場の中で、世界の場内派生品の取引は常に過去最高を更新していると紹介しました。将来の暗号先物市場の規模は基礎現物市場の規模をはるかに超えます。派生品市場のコースは多頭的で進んだ白熱化の競争段階を呈しています。満星雲グループはSTOトークン領域から業界上流に遡り、暗号化された通貨取引所市場に参加することを選択し、デジタル金融分野における集団の全体的な配置と自身の優位性を考慮している。

MSVGは星雲グループが暗号化された貨幣取引所に進出している作品で、グループは全世界のトップ10の企業とトップ10の取引所と強く連携して、世界トップ3のブロックチェーン取引所を構築しています。MSVGはデータとスマートビジネスでより包容的な初心と信念を持っており、コストをかけて世界の暗号化分野のトップ専門家を雇ってグループ内部STOトークンと取引所の下層構造のアップグレードを通じて、グループ資源の整合を完成し、ユーザーと金融業務の間の接続をより緊密にし、コストが低く、効率的に向上させることに常に力を尽くしています。発展の位置付けの上で、いっぱいの星雲グループはMSVGに対して大きな期待を寄せて、MSVGの発展を促進して国際ブロックチェーン孵化基地、ブロックチェーン3.0ユニコーン計画と巨大な台湾ドルの価値体系を持ちます。

企業買収を通じて、MSVGは世界ランキングのトップ10のデジタル通貨取引所全体の運営経験を獲得しました。MSVGは投資家により公平な契約取引所を提供します。

DeFiはブロックチェーン分野の最新世代の知能契約技術として、MSVGはこの技術に対する関心と投資を増大させ、自身がブロックチェーン金融技術の発展の最前線に立ち続けることを確保するために、DeFiはブロックチェーン知能論理、証明モデル、アルゴリズム励振、グループモードなどの革新要素を総合的に運用し、高度な運営システムを形成する。秘密鍵を自分で把握し、自分の資産を完全にコントロールするのが大きな特徴です。これはMSVGの個人資産信用度の上での大きな保障になります。同時に、MSVGブロックチェーン取引所は1000億枚のMSCプラットフォーム貨幣を発行します。全世界のトップ10の連盟システムの資産統合は巨大な市場価値と貨幣価値に優越しています。

プロジェクトの将来の発展方向について、MSVGプロジェクトの責任者も「我々が発表する暗号化された通貨取引所は、金融科学技術業界の発展を加速させます。デジタル資産金融サービスプラットフォームの構築に加えて、当社はまた、世界暗号化通貨プラットフォームの構造を最適化し、ブロックチェーン産業価値チェーンの中の製品を最適化するために、鉱物場の建設と暗号化貨幣の採掘の他の業務機会を模索しています。